快適IoT~家を楽しく、便利に…アプリとハードを募集

デジタル生活 その他

「快適 IoT」サイト
  • 「快適 IoT」サイト
  • HEMSアライアンスのWebAPI「アイデアジェネレーター」活用イメージ
 KADOKAWAグループの角川アスキー総合研究所は12日、HEMSアライアンスが主催する「快適IoT~家を楽しく、便利にするアプリとハードのコンテスト」を、LIXIL、東京大学エネルギー工学連携研究センターと共催することを発表した。

 「快適IoT」(アイオーティー:Internet of Things:モノのインターネット)では、「スマホアプリ部門(スマートフォンやタブレットで使えるアプリ)」「自作ホームオートメーション部門(電子工作やMaker的な工夫をした作品)」「アイデアジェネレーター部門(WebAPI「アイデアジェネレーター」を活用した作品)」の3部門で、QOL(quality of life=「家を楽しく快適に」)というテーマで、スマホアプリや自作ハードウェアを使った作品を募集する。

 応募期間は8月1日~11月30日で、応募作品の動きがわかる画像または動画と、機能説明書の提出が必要。最終審査結果は2016年1月に発表の予定。グランプリには賞金50万円が贈呈される。

KADOKAWAら、IoTのコンテストを開催……「快適IoT」でアプリとハードを募集

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)