顔認識で我が子の写真を素早く発見、学校行事フォトサービス

教育・受験 学校・塾・予備校

フジフイルムスクールフォト
  • フジフイルムスクールフォト
  • 子どもの顔写真を登録
  • 子どもが写っている写真を優先表示
  • フジフイルムスクールフォトの仕組み
 学校行事の写真をインターネット販売する「フジフイルムスクールフォト」は、子どもの写真を自動で選別できる顔認識機能を9月10日より提供する。目視と比べ3分の1の時間で写真を見つけられるという。

 「スクールフォト」は、学校の専任カメラマンによって撮影された遠足や発表会などの写真画像をプリントし、保護者にインターネット経由で販売するサービス。保護者は発行された写真閲覧コードを使いインターネット上で写真を閲覧し注文ができる。

 新たに追加された「顔認識・写真自動セレクト」機能は、事前に子どもの顔写真を登録すると、その子どもが写っている写真を自動で認識し優先して表示する。富士フイルム独自の画像解析技術を活用し、大量の写真画像の中から子どもの写真をすばやく選別する。

 同社によると、400カットの学校行事写真から同機能を利用して特定の子どもが写っている写真を選別した場合、1枚1枚目視で選別した場合と比べ約3分の1の時間で見つけ出すことができるという。また、機能の活用により見落としによる注文漏れを防ぐこともできる。

 現在、幼稚園や小中学校の行事などで撮影された写真は学校の廊下などに一覧で掲示され、保護者が写真を選び封筒に該当番号を記入して注文する方法が主流となっている。サービスを利用することでスマートフォンやパソコンでいつでも写真が買えたり、学校での展示作業が不要になるなどの利点がある。
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)