ジャポニカ学習帳に自然以外の新シリーズ…第1弾は歌舞伎

教育・受験 小学生

「日本の伝統文化シリーズ」第1弾は歌舞伎
  • 「日本の伝統文化シリーズ」第1弾は歌舞伎
  • 5ミリ方眼罫
  • 自由帳
  • 自由帳
  • 歌舞伎に関する学習ページを挿入
  • 歌舞伎に関する学習ページを挿入
 ショウワノートは12月中旬に、ジャポニカ学習帳の新シリーズ「日本の伝統文化シリーズ」を発売すると発表した。自然以外のテーマが採用されるのは37年ぶり。グローバル化の中でも日本文化を後世に受け継いでほしいという思いが込められている。

 平成20(2008)年3月に文部科学省が改訂した小学校の学習指導要領では、教育の目標に新たに「伝統と文化の尊重、それらを育んできた我が国と郷土を愛し、他国を尊重、国際社会の平和を発展に寄与(現行学習指導要領・生きる力 改訂の基本的な考え方より)」が追加された。

 日本の伝統文化シリーズは改訂後の新学習指導要領に対応し、日本文化への好奇心を持つきっかけ作りをサポートする。2015年に45周年を迎えたジャポニカ学習帳が、自然以外のテーマを採用するのは、1978年からスタートした世界特写シリーズ以来37年ぶり。 

 第1弾は松竹の監修により「歌舞伎」がテーマとなっている。学習帳には最初・中綴じ・最後の3か所に「歌舞伎ってそもそもどんなもの?」「歌舞伎の代表的な演目」といった学習ページが挿入され、開くたびに理解が深まる作りになっており、子どもだけではなく、大人も活用できるという。

 サイズはB5サイズの5ミリ方眼(300円/本体価格)1種類とA6サイズの白無地(200円/本体価格)2種類の全3種類。松竹が運営する歌舞伎座や劇場の物販コーナーのほか、一部の書店、文具店および通信販売が予定されている。

◆ジャポニカ学習帳「日本の伝統文化シリーズ」
本体価格:B5/1柄300円、A6/2柄200円
発売予定:12月中旬
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)