教採試験1次免除も…大阪府教員志望者向けチャレンジテスト

教育・受験 大学生

大阪府
  • 大阪府
  • 平成26年度大阪府教員チャレンジテスト・問題例
  • 平成26年度大阪府教員チャレンジテスト・問題例
 大阪府は、12月12日、公立教員を目指す方を対象とした「平成27年度大阪府教員チャレンジテスト」を実施する。出願受付は10月9日の午前10時から。チャレンジテストの正答率による教員採用選考テストの第1次選考・筆答テストの免除もあるという。

 チャレンジテストは、大阪府が公立学校の教員を目指す学生や既卒者などを対象に、大阪府公立学校教員採用選考テストの計画的な受験準備を支援することを目的に実施するもの。

 受験資格は、大阪府内の公立学校教員をめざしている者で、昭和42年4月2日から平成8年4月1日までに生まれた者。教育職員免許状を所有している者もしくは大学・短期大学を卒業している者または2年生以上の者。これらすべての条件を満たす者が対象となる。

 チャレンジテストでは、教職教養、教育関連の法規、教育公務員の倫理(服務規律)、教育時事について、択一式の30問の大問が出題される。全問題数に対する正答率が75%以上の場合は、平成28年度および平成29年度に大阪府が実施する大阪府公立学校教員採用選考テスト(いずれも4月募集開始予定)の第1次選考・筆答テストが免除となる。

 出願受付は10月9日の午前10時から28日の午後5時まで。インターネットでのみ出願を受け付ける。受験料は1,000円となっている。なお、受験案内や申込み方法などの詳細については、10月9日の午前9時を目処に大阪府教員チャレンジテストのホームページに掲載する。

◆平成27年度大阪府教員チャレンジテスト
出願期間:平成27年10月9日(金)10:00~10月28日(水)17:00
出願方法:インターネットにて出願(郵送、持参での受付は不可)
受験資格:(1)から(3)のすべてを満たす者
(1)大阪府内の公立学校教員をめざしている者※
(2)昭和42年4月2日から平成8年4月1日までに生まれた者
(3)教育職員免許状を所有している者もしくは学校教育法に基づく大学・短期大学を卒業している者または2年生以上の者
※大阪市立、堺市立、豊中市立、池田市立、箕面市立、豊能町立、能勢町立の学校を除く
実施日:平成27年12月12日(土)
会場:府立高校などを予定
受験料:1,000円
結果通知:平成28年1月13日(水)を予定。本人宛に結果を通知
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)