【センター試験2016】Z会、秋から進めるセンター対策実施

教育・受験 高校生

「秋の1日集中講座」プログラム紹介
  • 「秋の1日集中講座」プログラム紹介
  • Z会東大進学教室
 10月8日で、2016年度センター試験まで残り100日となった。Z会グループで首都圏における大学受験教室事業を行っている「Z会東大進学教室」は、残り100日となったセンター試験に向け、秋から計画的に進められるセンター試験対策授業を行っている。

 Z会東大進学教室では、センター試験対策を進める受験生に向けて「映像授業」「1日集中講座」「直前実戦」の3つの授業を実施。「センター試験対策映像授業」は、教室に設置したタブレットで自由な時間に個別で受講できる映像授業。難関国公立大学の合格を大きく左右するセンター試験で9割以上の得点を取ることを目標に、秋以降に取り組むべき内容をまとめた完成編の授業を推奨している。

 「秋の1日集中講座」では、10月~1月の期間に1回~4回で完結する集中講座を開講する。集中的に対策したい、弱点を克服したい受験生向けに、「一橋大・東外大リスニング対策」など大学別・テーマ別に豊富な講座ラインナップを用意している。また、「直前センター実戦」では、センター直前の1月に実戦さながらのリハーサルと分野別の重要ポイント最終チェックで総仕上げを行う。「秋の1日集中講座」「直前センター実戦」は定員になり次第締め切りとなるため、早めの申し込みが必要だ。

 なお、Z会ではセンター試験まで残り100日となったことを受け、いまから始めるセンター試験対策の心得も公開。10月から12月のマーク模試やセンタープレテストを必ず受験すること、難関国公立大志願者は遅くとも12月中に85%を超える得点率をクリアーし、センター試験だけで必要となる科目の対策も早めに行うこと、など、最終の追い込みを迎える受験生へエールを送っている。

 各講座の内容や実施日等の詳細、申込方法などについては、Z会東大進学教室のホームページで確認できる。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)