JAXA、東大で1日限りの特別授業…「宇宙学校」小中学生募集11/1

 「宇宙学校・とうきょう」が11月1日、東京大学駒場キャンパス講堂で開催される。おもな対象は、小学4年生から中学生。宇宙科学の研究者が、子どもたちの疑問や質問に答えながら、研究分野についてわかりやすく説明する。参加無料。定員500人。当日先着順。

教育イベント 中学生
宇宙学校・とうきょう
  • 宇宙学校・とうきょう
  • 開催概要
 「宇宙学校・とうきょう」が11月1日、東京大学駒場キャンパス講堂で開催される。おもな対象は、小学4年生から中学生。宇宙科学の研究者が、子どもたちの疑問や質問に答えながら、研究分野についてわかりやすく説明する。参加無料。定員500人。当日先着順。

 宇宙学校は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所が主催する人気イベント。子どもたちが日頃から不思議に思う宇宙の疑問について、同研究所の研究者がわかりやすく答える。東京以外でも毎年全国各地で開催している。

 テーマは「太陽系探査のいま」。一日限りの特別授業として、3人の研究者と楽しく語り合う授業形式で実施。最新の宇宙研究に触れるとともに、研究者との質疑応答を通して、宇宙の魅力や同研究所の活動などに親しむ。

 時間は、午後1時から午後4時半。対象は、おもに小学4年生から中学生とその保護者。定員は500人。参加無料。事前申込みは不要。当日会場で先着順に受付ける。定員になり次第、入場制限を行う場合あり。

◆宇宙学校・とうきょう
日時:11月1日(日)13:00~16:30(12:30開場)
場所:東京大学駒場キャンパス講堂(900番教室)
対象:おもに小学4年生~中学生、保護者
定員:500人
参加費:無料
事前申込み:不要
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)