ゲーム感覚の「英検Jr.」ペーパー版、2016年度は6月・11月・1月

 日本英語検定協会は、2016年度「英検Jr.」のグループ単位での受験にあたるペーパー版の年間日程を発表した。テスト日は2016年6月、11月、2017年1月の全3回。英検Jr.の公開会場は設置せず、テスト会場はグループの申込責任者が定めた会場での実施となる。

教育・受験 小学生
英検Jr.
  • 英検Jr.
  • 英検Jr.の特徴とメリット(一部抜粋)
  • 2016年度ペーパー版年間日程
 日本英語検定協会は、2016年度「英検Jr.」のグループ単位での受験にあたるペーパー版の年間日程を発表した。テスト日は2016年6月、11月、2017年1月の全3回。英検Jr.の公開会場は設置せず、テスト会場はグループの申込責任者が定めた会場での実施となる。

 英検Jr.は、日本英語検定協会が1994年に開発した小学生向け「育成型ゲーム感覚」のリスニングテスト。児童が英語に親しみ、外国の文化を理解することを目標としており、小学校の低・中・高学年程度の3つのグレードを設定。小学校の外国語活動必修化時代にもマッチしているとのことから、累計志願者は120万人を超えているという。2015年4月1日より、従来の「児童英検」から名称を変更し、現在の「英検Jr.」としている。

 英検Jr.ペーパー版は、学校や塾などグループ単位でテストを受ける受験方法で、2016年度のテスト日程は、第1回が2016年6月19日~26日、第2回が11月6日~13日、第3回が2017年1月29日~2月5日と全3回を設定。テスト実施日は期間中のグループ申込責任者が指定した日程で行い、公開会場も設けていないことから、会場も同じく責任者指定の会場での実施となる。

 申込受付期間は第1回が5月1日~30日、第2回が9月5日~10月3日、第3回が12月12日~2017年1月10日。申込みにあたっては郵送かFAXによるグループ登録後、届いた申込用資料にて申し込む。テスト内容は、小学校低学年を対象としたBRONZE(ブロンズ)、小学校中学年程度のSILVER(シルバー)、小学校高学年程度のGOLD(ゴールド)の3グレード。「できた!」という喜びを学習の動機づけとすることを狙いとしているため、成績は合否ではなく正答率で表示されるという。

 英検Jr.では、ペーパー版のほかに個人でいつでも申込できテストと学習が体験できる「オンライン版」や小学校での外国語活動をサポートする「英検Jr.学校版」をラインアップし、ニーズに合わせて活用できるようにしている。

◆英検Jr. 2016年度ペーパー版
【第1回】
テスト日:6月19日(日)~6月26日(日)
申込期間:5月1日(日)~5月30日(月)※協会必着
【第2回】
テスト日: 11月6日(日)~11月13日(日)
申込期間:9月5日(月)~10月3日(月)※協会必着
【第3回】
テスト日:2017年1月29日(日)~2月5日(日)
申込期間:12月12日(月)~2017年1月10日(火)※協会必着

実施日・会場:グループ申込責任者指定の日程、会場にて実施
受験料:BRONZE 2,500円/SILVER 2,700円/GOLD 2,900円
試験時間:BRONZE 約30分/SILVER 約35分/GOLD 約45分
申込方法:英検Jr.ホームページにて詳細確認
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)