栄光ゼミナール、新小1向け学習チェック&紙ロケット作り2月開催

教育・受験 未就学児

入学前の学習チェック2+ものプロ講座
  • 入学前の学習チェック2+ものプロ講座
  • 栄光ゼミナール
 栄光ゼミナールは新小学1年生とその保護者を対象とした、入学前の「学習チェック2」と「もの+プロ」講座「紙ロケットをつくってとばそう」を開催する。日にちは2016年2月20日と21日で、教室により開催日は異なる。

 小学1年生の学習は生活体験と密接に結びついており、悪いことと思われがちな「間違えること」から学べるものが多いという。そこで、現年長児対象の学習チェックでは、間違えやすいポイントから学びのきっかけを伝える。

 学力診断は算数と国語各15分ずつで、自分の経験と結びつけて物語を想像するほか、指定された形を選ぶ作業などを通して国語や算数の基礎を体験し、鉛筆の正しい持ち方などの指導を受ける。子どもが学習チェックに取り組んでいる間は、保護者対象セミナー「間違えることはいいことです」が開催される。

 学習チェックの後には、「もの+プロ講座」を開催。「もの+プロ講座」は、千葉大学教育学部の鈴木隆司教授、明石要一名誉教授と栄光ゼミナールの協同開発プロジェクトで、教育学の視点から考えられた教材を使い、ものづくりを楽しむことができる。2月の「もの+プロ講座」は「紙ロケットをつくってとばそう」。新聞紙や輪ゴムを使って紙ロケットを親子で作る。

◆入学前の学習チェック2+ものプロ講座
日にち:2016年2月20日(土)・21日(日)※教室により異なる
時間:10:00~11:30、14:00~15:30※教室により異なる
対象:新小学1年生(現年長)とその保護者
持ち物:えんぴつ、消しゴム、ハサミ、セロハンテープ
参加費:無料
申込み:Webサイトから申し込む
《森井ゆか》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)