上野動物園など8つの文化施設のパスポート、1/2から1万枚限定発売

趣味・娯楽 保護者

上野地区文化施設共通入場券「UENO WELCOME PASSPORT」
  • 上野地区文化施設共通入場券「UENO WELCOME PASSPORT」
  • 「UENO WELCOME PASSPORT」
  • 「判じ絵」スタンプラリー
  • 「UENO WELCOME PASSPORT」概要
 東京国立博物館や上野動物園など8施設への入場券がパスポートになった共通入場券「UENO WELCOME PASSPORT」が、1月2日から数量限定で発売される。文化施設を一度に楽しめるチケット企画は、上野では初めて。利用期間は2016年1月2日~5月31日、価格は2,000円(税込)。

 上野地区文化施設共通入場券「UENO WELCOME PASSPORT」は、上野「文化の杜」新構想実行委員会とアーツカウンシル東京が主催する企画。パスポートでは、東京国立博物館、国立科学博物館、上野動物園、東京都美術館など8施設へ各1回入場できる。また、国立国会図書館国際子ども図書館など3館では、パスポート持参者に先着でポストカードを配布する。全施設を回る場合、合計の入場料は最大で4,400円のため、パスポートを使用すると2,400円分お得になる。

 パスポートには、江戸時代に流行した、イラストをヒントに言葉を連想して当てるなぞなぞ「判じ絵」を模したスタンプラリーがついており、楽しみながら各施設を回ることができる。5施設以上回ると、「立版古」がプレゼント(先着順)される。

 パスポートの発売・有効期間は、2016年1月2日から5月31日まで、利用各施設の窓口、上野観光連盟、エキュート上野などから購入できる。上野の文化施設が連携し、文化資源の宝庫である上野の潜在能力を発展させる「文化の杜」新構想では、パスポートのほか、来春に向けてポータルサイトの立ち上げや文化芸術イベントの開催を企画しているという。

◆上野地区文化施設共通入場券「UENO WELCOME PASSPORT」
発売・利用期間:2016年1月2日(土)~5月31日(火)
発行枚数:限定10,000冊、売切れ次第終了
価格:2,000円(税込)
発売場所:利用対象施設のチケット窓口(一部を除く)、エキュート上野、松坂屋上野店、浅草文化観光センター、東京国立博物館ミュージアムショップ(インターネットのみ)、東京都美術館ミュージアムショップ、東京藝術大学大学美術館ミュージアムショップほか
【利用対象施設】
東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館、上野動物園、下町風俗資料館、旧岩崎邸庭園の常設展/総合文化展、東京都美術館(「TOKYO書2016 公募団体の今」「都美セレクション 新鋭美術家2016」「公募団体ベストセレクション美術2016」のうち1つ)、東京藝術大学大学美術館(「藝大コレクション展」)
【ポストカード配布】
東京文化会館、国立国会図書館国際子ども図書館、上野の森美術館
※先着順、なくなり次第終了
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)