【中学受験2016】洛北が4.55倍…京都府立中学校入学志願者数発表

教育・受験 小学生

 京都府教育委員会は12月25日、京都府立中学校の平成28(2016)年度入学志願者数を発表した。洛北高等学校附属中学校には、364人が志願し倍率は4.55倍となったほか、園部高等学校附属中学校では1.45倍、福知山高等学校附属中学校では2.18倍となっている。

 京都府立中学校3校は12月22日~24日(消印有効)の期間で、郵送による平成28(2016)年度入学に係る願書受付を実施。12月25日に、各校の志願者数と倍率を発表した。

 洛北高等学校附属中学校は募集定員80名のところ364人が志願し、倍率は4.55倍。志願者数は、平成27(2015)年度より68人少ない。

 園部高等学校附属中学校は募集定員40名のところ58人が志願し、倍率は1.45倍。志願者数は、平成27(2015)年度より21人少ない。

 福知山高等学校附属中学校は募集定員40名のところ87人が志願し、倍率は2.18倍。志願者数は、平成27(2015)年度より27人少ない。

 今後は、1月16日に各校で面接などによる入学考査が実施され、報告書と併せて総合的に判断し、合格者を決定する。合格者発表は、1月20日午後2時~午後5時に各校にて掲示により行われる。

 なお、今回発表された志願者数は、12月25日午後1時時点の願書到着分であり、以後郵送到着分がある場合は受検者数発表時に追加される。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)