留学ジャーナル、目的や年齢で選ぶ夏の短期留学サイトオープン

教育・受験 高校生

特設サイト「ジブン、グローバル化宣言!夏の短期留学2016」をグランドオープン
  • 特設サイト「ジブン、グローバル化宣言!夏の短期留学2016」をグランドオープン
  • 国からコースを検索できるほか、人気都市ランキングも紹介している
  • さまざまな年齢に合わせたコースを掲載
 留学ジャーナルは3月28日、2016年の夏休みに留学を検討している人を対象とした特設サイト「ジブン、グローバル化宣言!夏の短期留学2016」をグランドオープンした。目的や年齢に合わせて選べる134コースの情報を掲載。サイトからの申込みもできる。

 留学ジャーナルが2015年4月1日~5月31日に行った「2015年夏休み留学動向調査」では、留学の目的として「英語力を向上させたい」という回答が多かったほか、約7割の大学生が「企業のグローバル化を意識している」とも回答した。また、社会人の留学予定者数が約2割増加するなどの傾向も見られたという。

 この調査結果をふまえ、「ジブン、グローバル化宣言!夏の短期留学2016」では、英語の4技能(読む・書く・聞く・話す)を集中的に身に付けるプログラムや、企業でも役に立つプレゼンテーション技術を学ぶ授業など、全134コースの情報を掲載している。また、近年増加傾向にある30歳以上の留学希望者向けに、「30歳から」「40歳から」など年齢に合わせたプログラムも多く紹介。名門大学で学ぶコースや、小中高生以下を対象としたグループツアーなどの特集もあり、豊富な情報の中から「国」「目的」「年齢」など、自分に合ったコースを絞り込んで検索ができるようになっている。

 さらに、「留学はしたいけれど行き先が決まっていない」という人のためにも、人気都市ランキングを紹介し、それぞれの都市の特長や、実際にその都市に留学した人の声も紹介している。

 留学ジャーナルは45年の実績で培った情報とノウハウで、留学相談から出発までの手続き、滞在中のケア、帰国後のキャリア相談まで、ひとりひとりの留学をサポートするという。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)