書画カメラとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】

教育ICT 先生

書画カメラとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】
  • 書画カメラとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】
 特集「ひとことで言うと?教育ICT用語」では、教育ジャンル中心の基礎用語から最新キーワードまでのIT用語辞典として、おもに教育関係者向けに用語をやさしく解説していく。記事を読んでいるときに、わからない用語があったときに役立てていただきたい。

◆書画カメラとは


【読み】しょがカメラ
【表記】実物投影機、OHC(Over Head Camera)、オペーク・プロジェクター、オペーク
【分類】ハードウェア
【ひとことで言うと】
「立体物も投影できるOHP。実物投影機」
【解説】
 「書画カメラ」は、OHP(オーバーヘッドプロジェクター)の進化版で、平らな書面だけでなく、立体物でもプロジェクタースクリーンや大画面ディスプレイに表示できる機械だ。「実物投影機」「OHC」と呼ばれることも多い。

 電子黒板の普及により利用機会が減っているが、十分なIT化が進んでいない環境でも、リアルタイムで拡大表示できるため、実験などの学習では重宝する装置となっている。「実物を表示している」という説得力・臨場感により、生徒の興味喚起が望めるのもメリットとなる。動画やデジタル化されたデータでは、試験的な操作は難しいが、“実物の拡大表示”では、その場で実験を行ったり、思いついた操作の反応を見たりすることが可能だ。

【関連用語】プロジェクター、OHP
【最終更新日】2016年5月10日
《冨岡晶》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)