立教大が東武百貨店と産学連携、7/14から夏祭りイベント

教育・受験 大学生

東武百貨店と立教大学生との企画会議
  • 東武百貨店と立教大学生との企画会議
  • 8階屋上「スカイデッキ広場」軽食コーナーの視察
  • 地下食品フロアの視察
 東武百貨店池袋本店と立教大学経営学部は、マーケティングを切り口とした初の産学連携事業として、7月14日から20日まで夏祭りイベント「Ennichi(縁日)@友縁地(ゆうえんち)」を開催する。マーケティング結果をもとに、「食」を通して若者が集まる夏祭りイベントを実施する。

 今回の産学連携企画には立教大学経営学部の佐々木宏ゼミナールが参加。マーケティング・リサーチ手法の習得と実践という目的のもと、ゼミ生は「百貨店に10~20代の若者があまり見受けられない」という現状認識から、事前調査を行い若者は「衣」より「食」への関心度が高いと分析したという。

 さらに、実際に若者が足を運ぶ百貨店にするにはどうすればよいか、250人を超える若者を対象に「食」に関する消費者動向調査を行い、その結果「食」を通して友人とのつながりを実感し、共感することで絆を深めていることが明らかになったという。

 そうしたマーケティング結果をもとに、東武百貨店の8階屋上のスカイデッキ広場を縁日のような夏祭り会場にし、「友人とシェアして楽しむ食」や「盆踊りを今風にアレンジした“ボンダンス”」を企画。イベント実施に向け、学生はコラボメニューやうちわのデザイン案などの提案から、東武百貨店との試作・制作、イベントの最終打ち合わせから当日まですべてにわたり企画実行する。

 東武百貨店では、マーケティングを学ぶ若い感性で企画したイベントを実施することで、多くの若者層に来店してもらえることに期待を寄せている。

◆Ennichi@友縁地(ゆうえんち)
日時:7月14日(木)~7月20日(水)
場所:東武百貨店池袋本店 8階屋上「スカイデッキ広場」・各階
内容:盆踊りにアレンジを加えたボンダンス(※3日間限定:7月16日(土)~18日(月・祝)の各日17時~20時)、シェアして食べられるようなコラボ商品の販売、うちわを使用したスタンプラリーなど
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)