3年で100万円、和歌山県が理系人材の奨学金返還を助成

教育・受験 大学生

和歌山県中核産業人材確保強化のための奨学金返還助成制度リーフレット
  • 和歌山県中核産業人材確保強化のための奨学金返還助成制度リーフレット
  • 申込みから助成までの流れ
  • 和歌山県
 和歌山県は、県内の製造業やIT産業に就職した理工系、情報系の学部出身者に、最大100万円の奨学金返還金を助成する制度を創設した。交付には、認定を受けたうえで当該企業に3年間勤務が条件となる。

 新たに創設された奨学金返還助成制度は、申請年度の翌年度に卒業見込みの奨学金を受けている理工系(農学・薬学含む)、情報系の学部・研究科の学生が対象。和歌山県内の製造業、情報通信業の対象企業へ研究・技術開発職として採用され、3年間勤務した場合に、奨学金返還額に相当する額を100万円を上限に助成する。

 奨学金返還の助成を受けるためには、交付対象者として認定を受ける必要があり、募集人数は50人。平成28年5月31日まで申請を受け付ける。書類選考と面接により対象者を決定する。

 対象企業に正規雇用者として3年間勤務したのち、交付申請に基づき助成金が支払われる。助成金は、原則として奨学金貸与機関に支払われるが、助成金の額が奨学金の返済残額を上回る場合、その差額は交付対象者に支給される。

 助成対象企業は5月10日現在、38社。和歌山県労働政策課Webサイトでは、対象企業名のほか、採用予定者の人数枠や業務内容、採用を希望する専門分野などの一覧が確認できる。
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)