【大学受験2017】どうやって築く?受験期の親子関係…河合塾が指南

教育・受験 高校生

河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」
  • 河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」
  • Kei-Net「親の気持ち、子のキモチ」
  • Kei-Net「大学入試の基礎知識」
 河合塾が提供する大学入試情報サイト「Kei-Net」は5月11日、「大学入試の基礎知識」および「親の気持ち、子のキモチ」を更新した。「親の気持ち、子のキモチ」では、受験期の親子関係の築き方などヒントを紹介している。

 「大学入試の基礎知識」では、多様化し複雑になっている大学入試の仕組みを解説。センター試験や私立大学のさまざまな選抜方法のほか、拡大する推薦入試、AO入試などを紹介している。

 また、近年の受験環境や入学後にかかる費用などをまとめた「大学進学を考えるにあたって」では、国立大学の授業料・入学金、私立大学各学系の授業料、入学金、施設設備などの平均額がわかる。大学生活にかかる費用では、2015年度Kei-Net特派員アンケートをもとにした1か月の生活費を掲載。自宅生と自宅外生に分けてまとめており、自宅外生への仕送り平均額は6万1,500円だった。

 「親の気持ち、子のキモチ」では、受験期は保護者にも試練の時期だとして、受験期の親子関係の築き方、子どもとの接し方のヒントを紹介。「よい受験生の親にならなければ」など親が無理をしている姿は子どもにも伝わるため、まず親が無理をしないことが大切だという。保護者やKei-Net特派員によるアンケート結果も掲載されており、「子どもに言って後悔していること」「受験期を振り返って~子どもの側から」などの体験談や、これから受験を迎える親子に向けた一言アドバイスを参考にしたい。

 Kei-Netでは2017年度の入試情報のほか、学習対策や過去の入試結果データ、2020年度以降の大学入試などを掲載している。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)