【夏休み2016】県庁や東武、ラジオ局…埼玉「ジョブシャドウイング」参加募集

教育・受験 高校生

埼玉県ジョブシャドウイング事業
  • 埼玉県ジョブシャドウイング事業
  • 埼玉県
 埼玉県は、企業等で働く人に影「シャドウ(shadow)」のように付き添い、実際の仕事に触れる半日間の就業体験「ジョブシャドウイング事業」に参加する高校生を170人募集する。受入企業等は、埼玉県庁など24団体。 応募締切は6月17日。

 「ジョブシャドウイング」は、参加者が企業等の社員に影のように付き添い、仕事の内容や職場の様子などを観察するキャリア教育の手法。仕事そのものを行うのではなく、働いている人を観察することで勤労観や職業意識を養い、これからの学びや職業・進路選択の一助とする。体験期間が短く作業も伴わないため、米国ではインターンシップより気軽な就業体験として定着しているという。埼玉県では平成23年度より毎年実施している。

 体験ができる受入先は、埼玉県庁、埼玉りそな銀行、東武鉄道・東武ステーションサービス、FM NACK5など24の企業および行政機関。企業等により受入日、受入人数が異なる。

 体験日は7月26日から8月23日の期間内で半日程度。また7月25日に事前学習会、8月24日に事後学習会がさいたま市内で実施される。対象は県内の高校に在籍する生徒。募集人員は170人。

 希望者は在籍する高校を通じて応募する。募集期間は6月17日まで。参加者の体験企業等は、応募用紙の内容に基づき受入先と調整の上決定し、7月8日までに各高校へ通知する。

◆埼玉県ジョブシャドウイング事業
対象:埼玉県内の高校に在籍する生徒
※事前・事後学習会に参加可能、体験日に自分で受入先企業等に行くことが可能であること
募集人員:170人
事前学習会:7月25日(月)9:30~11:30、埼玉県県民健康センター(さいたま市浦和区)にて
ジョブシャドウイング体験:7月26日(火)~8月23日(火)の期間内で半日程度、決定した受入企業等にて
事後学習会:8月24日(水)9:30~11:30、埼玉県県民健康センター(さいたま市浦和区)にて
費用:交通費、昼食代は参加者の自己負担
応募方法:在籍する高校の担当教職員に必要書類を提出
応募締切:6月17日(金)
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)