優勝者は豪旅行に招待、全国小学生パティシエ選手権作品募集

趣味・娯楽 小学生

全国小学生パティシエ選手権
  • 全国小学生パティシエ選手権
  • 募集要項
  • 第11回 全国小学生パティシエ選手権の結果
 全国の小学生を対象としたお菓子づくりのコンクール「全国小学生パティシエ選手権」が今年も開催される。7月4日まで、「手作り部門」と「お菓子の絵部門」の2部門で作品を募集。手作り部門の優勝者には、オーストラリアパティシエ体験・親子ペア旅行券が贈られる。

 第12回となる今大会のテーマは「“ありがとう”の気持ちを伝えるお菓子」。小学生の自由な発想で、家族や友だち、先生などに贈りたいアイデア満載のお菓子作品を広く募集する。開催部門は、実際に作ったお菓子の写真とレシピを応募する「手作り部門」と、作ってみたいオリジナルお菓子の絵を応募する「お菓子の絵部門」の2部門。

 7月下旬には、応募書類選考により入賞50名を選出、入賞者には郵送で通知する。さらに「手作り部門」の上位10名を8月27日に東京で行う決勝大会に招待。大会当日、会場にて実際にお菓子作りをしてもらい、厳正な審査の結果、優勝以下各賞を決定する。

 審査員は、実行委員長の女子栄養大学学長・香川明夫氏のほか、モンサンクレールの辻口博啓氏、オ・グルニエ・ドールの西原金蔵氏など、有名パティシエが務める。

 応募資格は日本に在住する小学1年生から6年生。大会ホームページからダウンロードした応募用紙に必要事項を記入のうえ、オリジナルお菓子の絵または実際に作ったお菓子の写真と、材料と作り方を一緒に郵送する。応募方法や各賞の詳細、これまでの大会の結果はホームページで見ることができる。

◆第12回パティシエ選手権
対象:日本に在住する小学1~6年生のうち、自分でお菓子が作れる人、またはこれから作ってみたい人
応募方法:下記を同封のうえ郵送
【手作り部門】応募用紙、オリジナルお菓子の絵または実際に作ったお菓子の写真、材料と作り方
【お菓子の絵部門】応募用紙、オリジナルお菓子の絵または実際に作ったお菓子の写真
応募締切:7月4日(月)当日消印有効
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)