関東の梅雨入りはいつ? 2016年は「蒸し暑くジメジメ」太平洋側は降水量多

生活・健康 その他

2016年梅雨の天気傾向 (画像提供:日本気象協会)
  • 2016年梅雨の天気傾向 (画像提供:日本気象協会)
  • 日本気象協会
  • 日本気象協会:天気予報専門サイト「tenki.jp」
 日本気象協会は、2016年梅雨時期(6月~7月)の天気傾向を発表した。今年の梅雨は全国的に曇りや雨の多い梅雨らしい天気となり、特に太平洋側を中心に降水量が多くなる見込み。また気温が平年より高めで、蒸し暑い日が多くなると予想している。

 2016年の梅雨は、日本付近に南からの温かく湿った空気が入りやすくなるとともに、太平洋高気圧の北への張り出しが弱く、日本付近に梅雨前線が停滞する日が多くなる見込みだという。特に、関東から九州の太平洋側と沖縄・奄美では大雨の恐れがあり、土砂災害や洪水・浸水などに注意が必要。また、全国的に気温が平年より高くなり蒸し暑い日が続くため、湿気対策をしっかり行うことを勧めている。

 今年の梅雨入りは、沖縄・奄美で5月16日ごろとなり平年より遅めであったが、その他の地方は平年並みのところが多い見込み。最新の1か月予報では、6月5日~12日ごろに各地で梅雨入りの発表があると予想している。

 梅雨時期の天候のポイントを地域別にみると、北海道・東北では6月中旬以降に曇りや雨の日が多くなり、特に7月は大雨に注意が必要。6月、7月とも気温は平年並みか高め。関東甲信・北陸~九州では太平洋側を中心に曇りや雨の日が多く、大雨の恐れもある。気温は6月を中心に平年並みかやや高めで蒸し暑い。奄美・沖縄は6月中旬以降に曇りや雨の日が多く、大雨の恐れもある。気温は平年より高めで、特に6月は蒸し暑い日が多い見込み。

 梅雨明けは、奄美・沖縄は6月末から7月上旬で平年並みか遅くなる見込みだが、その他の地域は7月中旬ごろで平年並みと予想している。梅雨明け直後は気温が急に高くなることが予想されており、体が暑さに慣れるまでは熱中症のリスクが高まるため十分な注意が必要だという。

 なお、最新の気象情報は、日本気象協会の天気予報専門サイト「tenki.jp」で確認できる。
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)