全米1,137校の公立2年制大学を検索、新データベース開設

 栄陽子留学研究所は5月、全米のコミュニティ・カレッジ(公立2年制大学)1,137校のデータを掲載したWebサイト「公立2年制大学データベース」を公開した。コミュニティ・カレッジと4年制大学への編入を組み合わせることで、留学費用を抑えることができるという。

教育・受験 高校生
アメリカでは学費節約のために、コミュニティ・カレッジへ進学してから、4年制大学へ編入する学生が増えている
  • アメリカでは学費節約のために、コミュニティ・カレッジへ進学してから、4年制大学へ編入する学生が増えている
  • コミュニティ・カレッジから4年制大学へ編入することで留学費用を抑えることができる
  • 4年制大学のデータベースと合わせて、全米約2,500校の大学情報を見ることができる
  • 公立2年制大学データベース
 栄陽子留学研究所は5月、全米のコミュニティ・カレッジ(公立2年制大学)1,137校のデータを掲載したWebサイト「公立2年制大学データベース」を公開した。コミュニティ・カレッジと4年制大学への編入を組み合わせることで、留学費用を抑えることができるという。

 アメリカの4年制大学の学費は高騰しており、The College Boardによると過去5年間の値上がり率は私立で11%、州立で13%にのぼる。一方で、地域住民のための教育に力を入れているコミュニティ・カレッジ(公立2年制大学)は費用が安く、学費節約のためにコミュニティ・カレッジに進学し、そこから4年制大学に編入する学生が増えているという。

 留学生でもコミュニティ・カレッジと編入をうまく組み合わせることにより、費用を抑えながら大学を卒業することができるが、コミュニティ・カレッジは働きながら通う人が多い学校や、職業訓練に力を入れている学校も多く、留学に適した大学を探すことは難しかった。

 栄陽子留学研究所が公開した「公立2年制大学データベース」では、全米のコミュニティ・カレッジ1,137校のデータを掲載。それぞれの大学の学費や学生数などの基本的なデータや4年制大学への進学率、平均年齢などの情報を掲載している。ほかにも、コミュニティ・カレッジに関する基礎知識を解説するコーナーも設けられている。

 「公立2年制大学データベース」では地域や規模など、さまざまな条件から大学を検索できる。また、すでに公開されている4年制大学のデータベースサイト「アメリカ大学ランキング」と合わせると、全米の約2,500校の大学情報を見ることができる。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)