機能厳選や管理権限追加、米MS「Windows 10 Pro Education」8/2公開

教育ICT 小学生

マイクロソフト TecnNet(日本語)
  • マイクロソフト TecnNet(日本語)
  • Microsoft TechNet 「Windows 10 editions for education customers」(原文の一部)
 米Microsoftは7月27日(現地時間)、IT技術者向けWebサイト「TechNet」で、8月2日に提供開始される「Windows 10 Anniversary Update」にて、幼稚園から高等学校(K-12)までの児童生徒を対象にした教育現場向けの「Windows 10 Pro Education」を加えることを発表した。

 Windows 10 Pro Educationは、現在提供されている「Windows 10 Education」をもとに、機能の追加や削除を見直し教育現場向けに調整されたOS。これから出荷されるWindows 10搭載機にプリインストールして出荷されるほか、現在アカデミックライセンスでWindows 10 Proを利用中の場合にも、自動アップグレードを通して提供する。

 Windows 10 Proに搭載されている音声認識システム「Cortana(コルタナ)」の削除やWindowsストア機能の制限など、教育現場向けにOSの機能があらかじめ設定されており、児童生徒らは自由にアプリを検索・閲覧、購入はできない。新機能としては、管理者が利用できる管理機能が追加された。

 8月2日(日本時間)から配信開始されるWindows 10のバージョン1607に関する詳細や各エディションの機能比較は、米Microsoftの「TechNet」や日本Microsoftの「NewsCenter」で確認できる。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)