【夏休み2016】国内・国際線のピークは8/10-12、航空2社は1割増

趣味・娯楽 その他

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
  • ANA予約状況
  • ANA国内線
  • ANA国際線
  • JAL予約状況
  • JAL国内線
  • JAL国際線
 ANAとJALは8月5日、お盆時期の予約状況を発表した。帰省需要や観光需要が旺盛となり、国内線・国際線ともに予約数が前年を1割程度上回っている。ピークは8月10日~12日。

 ANAの予約状況について、国内線は沖縄・九州方面の予約数・予約率ともに好調で、全体の予約数が前年比111.1%、予約率が前年比7.5ポイント増となっている。お盆期間中のピークは、下りが8月10日~12日、上りが8月14日~16日。

 ANA国際線は中国、アジア、リゾート線を中心に日本発の観光需要が好調で、全体の予約数が前年比108.2%となっている。ピークは日本発が8月10日と11日、日本着が8月14日と15日。

 JALの予約状況について、国内線は中国・四国方面の予約数が好調で、全体の予約数が前年比110.9%、予約率が前年比8.6ポイント増となっている。お盆期間中のピークは、下りが8月10日~12日、上りが8月14日と15日。

 JAL国際線はオセアニア・ハワイ・グアム線が前年より好調で、全体の予約数が前年比101.4%、予約率が前年比1.2ポイント増と前年をやや上回る状況で推移している。ピークは日本発が8月10日~12日、日本着が8月14日~16日となっている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)