【高校野球2016夏】大会4日目、市和歌山が12年ぶり初戦突破

趣味・娯楽 高校生

2016年夏の阪神甲子園球場
  • 2016年夏の阪神甲子園球場
第98回全国高校野球選手権大会は8月10日に大会4日目が行われた。第3試合では星稜(石川)と市和歌山(和歌山)が対戦。序盤のピンチをしのいだ市和歌山が8-2で勝利している。

一回表に1点を先制した市和歌山だが、裏の攻撃ですぐに星稜も反撃する。三塁打で出た畑中陸を虎谷貴哉が適時打で生還させた。二回も市和歌山の先発・赤羽陸は無死満塁のピンチを背負い、失策の間に1点を返された。それでも落ち着いて後続を断ち最少失点で切り抜ける。

四回にも満塁を背負った赤羽。だが無失点で抑えると、その後は星稜の強力打線を抑えこんだ。

甲子園で12年ぶりに初戦突破した市和歌山には高校野球ファンから、「市和歌山、エラーもしてたけどそれを帳消しにするくらい守備も良くて、よかった!そしてめちゃくちゃ打つね!!」「樟南といい市和歌山といい要所をものに出来たものが勝つという事だ」「星稜に快勝した市和歌山。いいとこ行きそうだね」「今大会よく見る光景ですが、堅守が光りましたね」などの声が寄せられている。

【高校野球2016夏】市和歌山が12年ぶり初戦突破

《岩藤健@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)