初心者歓迎、Hour of Codeプログラミング展示・体験会12/11

教育ICT その他

Hour of Code Japan 2016
  • Hour of Code Japan 2016
  • 過去開催イベントのようす
  • 過去開催イベントのようす
  • 過去開催イベントのようす
  • 出展予定企業
 みんなのコードは12月11日、小学生から始められるプログラミング入門教育のプロジェクト「Hour of Code(アワー・オブ・コード)」のスペシャルイベントとして、「Hour of Code Japan 2016 TOKYO EXPO」を開催。プログラミング関連サービスを体験することができる。

 12月5日から11日は、世界コンピューターサイエンス教育週間にあたる。「Hour of Code Japan 2016 TOKYO EXPO」は、その一環として開催される取組みの1つで、公教育におけるプログラミング教育の推進を目的としている。

 展示会では日本マイクロソフトや翔泳社、レゴジャパンなどの出展企業がプログラミング関連サービスをプレゼンテーションするため、実際にブースを見て回ることができる。参加者を一般応募形式で募集しており、定員はプログラミング初学者の小学生・保護者約300名、学校関係者300名。参加の際は、親子向け、教育関係者向けの二部構成で実施される。

 このほか、教員・教育委員会向けの取組みとして「Hour of Code Japan 2016 全国キャラバン」を開催。全国6都市で開催されるシンポジウムで、プログラミング教育に関する情報を、その地域のニーズに合った形で教員に提供する。開催都市は北海道、茨城県、愛知県、福井県、大阪府、福岡県。現在、11月3日開催の北海道会場のみ、申込みを受け付けている。

 イベントへの参加希望者は、各イベントWebサイトより申し込む。いずれも参加は無料。

◆Hour of Code Japan 2016 TOKYO EXPO
日時:2016年12月11日(日)10:30~18:00
会場:プラザマーム(東京都中央区日本橋浜町1-1-12 プラザANAビル2F)
参加費:無料※学校関係者向け懇親会のみ500円
参加対象:おもにプログラミング初学者の小学1~6年生と保護者約300名、教育関係者300名
申込方法:Webサイトより申し込む

◆Hour of Code Japan 2016 全国キャラバン
開催都市:北海道、茨城県、愛知県、福井県、大阪府、福岡県
※各会場の日程などの詳細はWebサイトにて確認すること
※10月27日(木)現在、調整中の会場あり
参加:無料
参加対象:学校関係者
申込方法:Webサイトより申し込む
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)