長距離通学に…大容量バッテリー搭載、電動アシスト自転車2機種

生活・健康 高校生

ティモ・W(左下)とティモ・DX(右上)
  • ティモ・W(左下)とティモ・DX(右上)
  • 1キー3ロック
  • サドルガードマン
パナソニック サイクルテックは、通学用電動アシスト自転車『ティモ・W』と『ティモ・DX』を12月上旬より発売する。

新モデルは、充電の手間を軽減する16Ahリチウムイオンバッテリーを採用。ティモ・Wでは、1回の充電で約59km(DXは49km)走行可能で、長距離通学の場合でも充電頻度を軽減することができる。

また、盗難の不安を軽減する「1キー3ロック」を採用。1つの鍵で後輪サークル錠、バッテリーロック、ワイヤ錠の3つが開錠可能で、盗難の不安と複数の鍵を管理する煩わしさを軽減する。さらに、簡単にサドルが抜き取られない構造「サドルガードマン」も採用している。

学生の安全を守るためライトには、暗い夜道を明るく照らす「ワイド4-LEDビームランプ」を採用する。また車体後方には「ソーラーオートテール2」を装備。周囲の明るさや振動に反応して自動で点滅し、後ろを走行する自動車等に存在を認識させることができる。ともにオートライト機能付きで、付け忘れの心配がなく、夜道も安心して走行できる。

価格はティモ・Wが11万7000円、ティモ・DXが11万5000円。

パナソニック、大容量バッテリー搭載の通学用電動アシスト自転車2機種を発売

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)