東大サイエンスカフェ「暮らしのエネルギーを学ぼう」12/11

教育イベント 小学生

 東京大学工学部は、12月11日に第23回東大テクノサイエンスカフェとして「暮らしのエネルギーを学ぼう」を開催する。対象は小学5年生~中学生までの定員30名で、参加費は無料。12月2日午後1時までにWebサイトから申し込む。

 東大テクノサイエンスカフェは、東京大学大学院工学系研究科・工学部が主催する「工学の魅力を伝える」イベント。2011年から小中高生とその保護者向けに、講義とワークショップを開催している。

 23回目となる今回の「暮らしのエネルギーを学ぼう」は、「目からウロコ、本当のエコは地球だけでなく、おサイフにも優しい」がテーマ。東京大学大学院工学系研究科建築学専攻の前真之准教授が講師を務め、自分たちに何ができるかを考えていく。2部構成となっており、第1部は「光熱費からわかる我が家のエネルギー」、第2部は「エコリフォームにゲームで挑戦」を行う。

 イベントへの参加は、Webサイトの申し込みフォームから12月2日午後1時までに申し込む。定員は保護者を含まず、子どもだけで30名。11月28日現在、定員にはまだ空きがあるが、申込み多数の場合は抽選となる。当日の持ち物は、筆記用具、電卓、また、あれば電気・水道・ガスの検針票を半年から1年分用意する。

 東京大学大学院工学系研究科は、科学技術を支える工学の基礎、幅広い視野と見識、国際感覚を身に付けた高度な人材を養成する研究科。基礎的な研究と新分野の開拓の双方を重視しながら、環境問題やエネルギー問題などの解決についても貢献しているという。

◆第23回東大テクノサイエンスカフェ「暮らしのエネルギーを学ぼう」
日時:2016年12月11日(日)14:30~17:30
会場:東京大学工学部11号館1F講堂(本郷キャンパス)
対象:小学5年生~中学生までの30名とその保護者
持ち物:筆記用具、電卓、電気・水道・ガスの検針票があれば半年~1年分
参加費:無料
申込方法:Webサイトから申し込む
申込締切:2016年12月2日(金)13:00
《神山千寿子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)