【年末年始】ラニーニャ現象が影響、日本海側で大雪の予想

生活・健康 その他

今冬の降雪傾向予想
  • 今冬の降雪傾向予想
ウェザーニューズは、今冬の降雪傾向を発表した。今シーズンは、弱いながらもラニーニャ現象の影響で、寒気の流れ込みは平年並か強く、気温は平年並か平年より低い日が多くなりそう。

各地の降雪量は、平年並の所が多く、山陰ではやや多くなる予想で、雪のピークは12月後半~年末年始と1月末、2月後半~3月初めとなりそう。日本海側を中心に大雪に注意が必要としている。

年末年始は、強い寒気が南下し、日本海側で大雪となり、濃尾平野や京阪神、瀬戸内でも積雪の可能性がある。帰省の交通機関に大きな影響が出る恐れもある。

また、関東の平野部では1月中旬~下旬に積雪のリスクが高まる予想。

年末年始に日本海側で大雪、関東平野部は1月中旬に降雪…今冬の降雪傾向

《レスポンス編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)