全国の生徒・学生のデザインが集結「チャリティー年賀状」販売開始

教育・受験 中学生

チャリティー年賀状
  • チャリティー年賀状
  • 気仙沼市立唐桑中学校の生徒が作った作品の一部
  • 作品応募校一覧
 博報堂アイ・スタジオは11月21日、全国の学生と宮城県気仙沼市立唐桑中学校の生徒が作った2017年のお正月向け「チャリティー年賀状」183点の販売を開始した。CONNECTITが運営する「ネットで年賀状」と「スマホで年賀状」上で、2017年1月15日まで購入できる。

 販売される「チャリティー年賀状」は、博報堂アイ・スタジオが開催する「チャリティー年賀状 学生デザインコンテスト」入選作品118点と、宮城県気仙沼市立唐桑中学校の3年生が「チャリティー年賀状 デザイン教室」で制作した65点。応募テーマは「東北の未来への希望」。初日の出や海、干支の酉などがデザインされ、テーマに沿って描かれた年賀状が揃った。

 年賀状は、CONNECTITが運営する年賀状購入サービス「ネットで年賀状」と「スマホで年賀状」で購入可能。デザインの作成からお年玉付き年賀はがきへの印刷だけでなく、宛先へ配達するまでのすべてをインターネット上で完結できる。住所を知っている相手だけではなく、相互フォローをしているTwitterアカウントや相手のメールアドレスだけでも、お互いの住所を開示せずお年玉付き年賀状が送信できる。

 1枚販売されるごとに10円がウェブベルマーク協会へ寄附され、被災校の復興資金に充てられる予定。チャリティー年賀状詳細は特設Webサイトで確認できる。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)