【大学受験2017】冬休みの過ごし方・心構えなど受験直前アドバイス、Kei-Net

 センター試験まであと40日を切り、受験本番になってきたことから、Kei-Netは「がんばれ受験生!2017」と題し、河合塾講師の激励メッセージや先輩の大学生による受験前のアドバイスをまとめた。

教育・受験 高校生

がんばれ受験生!2017
  • がんばれ受験生!2017
  • Kei-Net
 センター試験まであと40日を切り、受験本番になってきたことから、Kei-Netは「がんばれ受験生!2017」と題し、河合塾講師の激励メッセージや先輩の大学生による受験前のアドバイスをまとめた。

 河合塾講師の激励メッセージは、各教科の先生から応援の言葉や本番までの心構えなどを掲載。また、Web上で受験や大学生活に関するサポートを行う大学生や大学院生で構成される「特派員」からの応援メッセージも。「根性です」「絶対に受かると思えば受かる」「体調管理のため食事や睡眠は大事に」など、多くの声が寄せられている。

 また、試験直前までの生活についてもアドバイスしている。例えば、冬休みの学習時間は、特派員の半数が8~10時間と回答。比較的長時間勉強していた人も、「量より質」「睡眠時間は削らない」などを心がけていた。眠気の覚まし方は、特派員の6割が「少し寝る」と回答し、眠い時には無理に勉強しないで、20分ほどの睡眠を取って頭をすっきりさせるなどしていた。

 受験時のホテルの予約については、年内に予約をした人が6割だった。一方で「1月後半」と回答した人も2割おり、センター試験の結果をみてからホテルを予約した人も多かった。そのほか、センター試験の過去問を何年間分学習したか、いい息抜き方法などのほか、入試事前チェックとして「前日編」「当日編」「試験中」「休憩時間編」にわけてそれぞれアドバイスしている。

 特派員の8割が利用したというセンター・リサーチボーダーライン一覧の「バンザイシステム」は、1月18日午後3時に公開予定。センター試験自己採点結果と第3回全統記述模試の偏差値を入力すると大学・学部の合格可能性が確認できる。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)