子連れ客の安全も配慮、JR東日本「駅ホームドア」設置促進

 JR東日本は、駅ホームにおける更なる安全性向上に向けて、今後、京浜東北・根岸線の大宮・桜木町間全37駅などのホームドアの整備を促進すると12月13日に発表した。安全に不安のある者や、子連れ客の安全な利用促進を目指す。

生活・健康 その他
ホームドアの整備状況
  • ホームドアの整備状況
  • 内方線付き点状ブロック
  • JR東日本
 JR東日本は、利用客の列車との接触事故や線路への転落事故を防止する対策として、今後、京浜東北・根岸線の大宮・桜木町間全37駅などのホームドアの整備を促進すると12月13日に発表した。安全に不安のある者や、子連れ客の安全な利用促進を目指す。

 山手線については、2010年より全駅へのホームドア導入を進めている。これまで24駅に整備が完了。2020年度末時点で、東京、新橋、浜松町、品川新駅(仮称)を含む58駅にホームドアが設置されるという。2021年度以降は、新宿と渋谷で、駅改良工事の工程に合わせて整備される予定。

 京浜東北・根岸線については、さいたま新都心、浦和、赤羽、上野、有楽町、大井町、鶴見、品川新駅(仮称)に加え、新たに19駅を加えた27駅のホームドアの整備を2020年度末までに行い、2021年度以降は10駅の整備を行うという。

 総武快速線の新小岩、中央緩行線の千駄ケ谷と信濃町の3駅についても、2020年度末までにホームドアを整備する予定。新国立競技場周辺の駅についても、順次ホームドアの整備を進めるという。なお、整備にあたっては、乗降10万人以上の駅などを優先し、国および自治体の協力のもと進める予定。また12月17日より町田駅にて試行導入する新たな形式のホームドア「スマートホームドア」については、今後の試行結果を踏まえて整備駅などについて検討するという。

 JR東日本では、乗降1万人以上の駅に、ホーム内側部分に線状突起を設けてホームの内外がわかるようにした、内方線付き点状ブロックの整備も早期に進めて行くという。1日あたりの乗降人員が10万人以上の94駅については、2015年度末にすでに整備が完了。乗降人員が1万人以上10万人未満の265駅については、これまでに宇都宮、郡山駅など76駅で整備が完了しているが、残りの板橋、東中野駅などの189駅については、2018年度末までに完了することを目指しているという。
《池野サキ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top