スポーツ医科学振興へ…JCSと大塚HD、共同研究スタート

 日本スポーツ振興センター(JCS)と大塚ホールディングスは、スポーツ医・科学の振興、国際競技力のさらなる強化に向けた産官学の共同研究「JSC ハイパフォーマンスセンター Total Conditioning Research Project」を開始した。

生活・健康 その他
スポーツ医・科学の振興・国際競技力の更なる強化に向けた共同研究「JSCハイパフォーマンスセンター Total Conditioning Research Project 」が始動
  • スポーツ医・科学の振興・国際競技力の更なる強化に向けた共同研究「JSCハイパフォーマンスセンター Total Conditioning Research Project 」が始動
  • 日本スポーツ振興センター(JCS)
  • 大塚ホールディングス
 日本スポーツ振興センター(JCS)と大塚ホールディングスは12月20日、スポーツ医・科学の振興と、国際競技力のさらなる強化に向けた産官学の共同研究「JSC ハイパフォーマンスセンター Total Conditioning Research Project」を開始したことを発表した。

 プロジェクトでは、国際競技力強化の最大限化を実現させる研究を実施し、研究で得られた知見からスポーツ分野におけるコンディショニングに関するガイドラインを策定。2020年以降の「ソフトレガシー」として、国民の健康維持・増進に向けた啓発活動に応用していくという。

 運営は、日本スポーツ振興センター・ハイパフォーマンスセンター(HPC)と、大塚ホールディングスの100%子会社である大塚製薬が担当する。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)