気象庁・国交省が緊急発表、センター試験当日に大雪の恐れ

教育・受験 高校生

 気象庁と国土交通省は1月12日、15日ごろにかけて大雪が継続し、猛吹雪となる所がある見込みから、大雪に対する緊急発表を行った。1月14日と15日は大学入試センターが予定されており、大雪による交通障害が懸念される。

 気象庁の1月13日午前11時20分の発表によると、日本付近では上空に強い寒気が流れ込んでおり、1月14日から15日にかけて強い冬型の気圧配置となる。すでに東北地方の日本海側や北陸地方を中心に大雪となっている地域がある。大雪の地域は15日にかけてさらに広がり、北日本から西日本の日本海側では、平地を含め大雪となり、特に山沿いや山地で降雪量が増えるという。

 また、西日本や東日本の太平洋側でも雪雲が流れ込んで積雪となる所があり、平地でも局地的に大雪となる見込み。

 1月14日12時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で北海道30センチ、東北40センチ、北陸90センチ、関東甲信70センチ、東海70センチ、近畿60センチ、中国50センチ。15日12時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で北海道20~40センチ、東北60~80センチ、北陸100~120センチ、関東甲信60~80センチ、東海60~80センチ、近畿40~60センチ、中国40~60センチとなっている。

 大学入試センター試験は、1月14日に地理歴史・公民と国語、外国語、1月15日に理科と数学が実施される。大雪による交通障害が懸念されるため、時間に余裕を持って試験場に向かおう。なお、試験当日に交通機関に遅れや運転の見合わせが生じているときは、試験場で試験開始時刻の繰下げなどを行うことがあるので、まずは受験票に記載されている「問合せ大学」へ連絡し、試験場に向かうこと。また、繰下げ措置の対応について、駅の放送などでアナウンスをすることもある。

 国土交通省は、不要不急の外出を控えることと、やむを得ず運転する場合の冬用タイヤ・チェーンの早めの装着を呼びかけている。また、大雪が予想される地方整備局では、道路交通の確保ができる対応を24時間体制で行う予定だという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)