【インフルエンザ16-17】累積患者数は推計386万人、学級閉鎖再び

生活・健康 その他

 厚生労働省と国立感染症研究所は1月20日、平成29年第2週(1月9日~15日)のインフルエンザの発生状況を公表した。定点あたりの患者報告数は前週より多い15.25人。1週間の推計受診患者数は約99万人。保健所地域別では、全国36か所で警報レベルを超えている。

 定点あたりの患者報告数は、第1週(1月2日~8日)の10.58人から4.67人増の15.25人。定点医療機関からの報告をもとにこの1週間に受診した患者数を推計すると、約99万人にのぼり、前週の約81万人からさらに増加。今シーズンの累積受診者数は、推計約386万人となった。

 都道府県別では、愛知県の24.74人がもっとも多く、岐阜県21.00人、埼玉県20.21人、千葉県20.04人、福井県19.50人、茨城県18.48人、静岡県18.26人、三重県17.93人、山梨県17.54人などと続いている。

 前週より患者報告数が減少したのは3道県のみで、44都府県では前週から増加。保健所レベルでは、21都道府県の36か所で警報レベル、47都道府県の368か所で注意報レベルを超えている。

 冬休みも終わり通学が再開し、再びインフルエンザによる学級閉鎖も出始めており、第2週は全国で227の保育所、幼稚園、小学校、中学校、高校が休校や学年・学級閉鎖の措置をとった。このうち、休校は8、学年閉鎖43、学級閉鎖は176だった。

 本格的な受験シーズンに入り、受験生や保護者にとっては特に気になるインフルエンザ対策。厚生労働省によると、予防には流行前のワクチン接種が有効であるほか、マスク着用、外出後の手洗い、アルコール消毒、適度な湿度の保持、十分な休養とバランスのとれた栄養摂取などが大切だという。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)