【高校受験2017】大阪府第2回進路希望調査・倍率(1/13時点)全日制普通科1.19倍

教育・受験 中学生

第2回進路希望調査(全体)
  • 第2回進路希望調査(全体)
  • 公立希望者の学科別一覧表(一部)
  • 私立高校の希望状況
  • 私立高校の学校別希望状況(一部)
 大阪府公立中学校長会は1月23日、平成29年度(2017年度)入試における府内中学3年生の第2回進路希望調査の結果を公表した。公立高校の全日制普通科は、募集人員2万7,320人に対して3万2,517人が進学を希望。第1回調査より3,165人減少した。

 第2回調査実施日の平成29年1月13日時点で、3月卒業見込み者数は7万3,920人。そのうち93.16%にあたる6万8,867人が全日制高校を希望している。公立高校の学科別希望状況をみると、全日制普通科は募集人員2万7,320人に対して希望者数が3万2,517人、競争率は1.19倍。

 特別入学者選抜は、募集人員2,550人に対して希望者数が3,088人、競争率は1.21倍となっている。特別入学者選抜を実施する全日制専門学科では、大塚(体育)1.90倍、市立咲くやこの花(演劇)1.80倍、岸和田市立産業(デザインシステム)1.70倍などが高倍率となっている。

 私立高校の状況もまとめられており、外部募集人員2万3,193人に対して希望者数は6万1,937人だった。そのうち1万4,444人が府内私立高校を専願。学校別の状況では、清風の総募集人員638人(内部進学328人を含む)に対して、理IIIに207人、理数に160人、文理に132人が応募している。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)