総務省ら「みらいのまなびフォーラム」三重県名張市で2/4

教育ICT 先生

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
  • みらいのまなびフォーラム in なばり
  • イベント次第
 教育クラウド・プラットフォーム協議会は、総務省との共催イベント「みらいのまなびフォーラム in なばり」を2月4日に三重県名張市で開催する。参加費無料で事前登録不要。基調講演やパネルディスカッション、パネル展示、事例紹介などを実施予定。

 「みらいのまなびフォーラム in なばり」は2部構成で、第1部では東京大学の松田良一教授による基調講演「学びとは何か?…それは、魔法」や、「本気の大人たちが語るみらいのまなびとは何か?」と題したパネルディスカッションを行う。第2部では総務省事業および予算案説明「なぜ国が教育の情報化を推進するのか?」や、プログラミング教育をテーマにパネルディスカッションを行う。

 また、イベント会場には教育クラウド・プラットフォーム協議会の参画企業によるパネル展示やデモ機、自治体事例紹介を実施予定。

 教育クラウド・プラットフォーム協議会は、学校向けに教育クラウドサービスを提供しているおもな事業者が一堂に会し、相互の連携・協調を図る場として、2016年6月16日に設立された。全国の教育現場に学校向け教育クラウドサービスを広く普及させることを目的としている。

◆みらいのまなびフォーラム in なばり
日時:2017年2月4日(土)12:30~16:30
会場:三重県立名張桔梗丘高校体育館
参加費:無料
申込方法:当日自由に参加できる ※受付時に記帳する
主催:教育クラウド・プラットフォーム協議会
共催:総務省
後援:名張市教育委員会、三重県立名張桔梗丘高校、ICT CONNECT 21(みらいのまなび共創会議)
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)