【高校受験2017】広島県公立高入試選抜(I)の志願状況・倍率(1/25時点)広島1.48倍・市立舟入2.97倍ほか

教育・受験 中学生

選抜(I)の志願状況
  • 選抜(I)の志願状況
  • 選抜(I)の志願状況(学校別・一部)
  • 連携型中高一貫教育に関する選抜と併設型高等学校入学者選抜の志願状況
  • 連携型中高一貫教育に関する選抜と併設型高等学校入学者選抜の志願状況(学校別)
  • 入試日程
 広島県教育委員会は1月25日、公立高等学校選抜(I)と連携型中高一貫教育に関する選抜、併設型高等学校入学者選抜の志願状況を発表した。推薦入試にあたる選抜(I)の平均志願倍率は1.49倍で、広島市立舟入(普通)が2.97倍となった。

 選抜(I)と連携型中高一貫教育に関する選抜、併設型高等学校入学者選抜は、1月20日~1月25日正午まで願書を受け付けた。選抜(I)と連携型中高一貫教育に関する選抜は2月3日に面接、2月8日に選抜結果の通知、3月14日に合格発表を行う。併設型高等学校入学者選抜は2月3日に学力検査、2月8日に合格発表を行う。

 推薦入試にあたる選抜(I)は、定員4,639名に対して志願者数が6,916名、志願倍率が1.49倍。広島市立舟入(普通)2.97倍、広島市立舟入(普通・国際コミュニケーション)2.55倍、広島皆実(衛生看護)2.80倍、広島市立基町(普通)2.50倍、広島市立基町(普通・創造表現)2.60倍など。

 連携型中高一貫教育に関する選抜は、定員145名に対して志願者数が98名、志願倍率が0.68倍。併設型高等学校入学者選抜は、定員172名に対して志願者数が271名、志願倍率が1.58倍。福山市立福山(普通)1.67倍、広島(普通)1.48倍となった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)