【高校受験2017】千葉県公立高の倍率・志望状況…県立千葉3.89倍・県立船橋4.04倍

教育・受験 中学生

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
  • 進路志望調査結果(県立高校)
  • 進路志望調査結果(県立高校)
  • 進路志望調査結果(県立高校)
  • 進路志望調査結果(県立高校)
  • 進路志望調査結果(県立高校、市立高校)
 千葉県内の公立小中学校教員による県教育研究会進路指導研究部会は、平成29年1月現在の公立中学校3年生の進路志望調査の結果を発表した。前期選抜の志望倍率は、県立千葉(普通)3.89倍、県立船橋(普通)4.04倍、県立船橋(理数)2.21倍。

 進路志望調査結果によると、前期選抜の志望倍率は、全日制の平均が1.78倍で、県立船橋(普通)が4.04倍ともっとも高い。そのほか、県立船橋(理数)2.21倍、県立千葉(普通)3.89倍、東葛飾(普通)2.64倍、佐倉(普通)3.07倍、佐倉(理数)1.53倍、木更津(普通)2.11倍、木更津(理数)0.63倍など。

 平成29年度千葉県公立高校入試の前期選抜は、出願受付が2月3日と6日、学力検査が2月13日、面接・適性検査などが14日(実施する学校のみ)、選抜結果の発表が2月20日に行われる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)