NEC「LAVIE Hybrid ZERO」全モデル2-in-1へ、新入生・新社会人がターゲット

デジタル生活 その他

NEC LAVIE「HZ750/GAG」外観
  • NEC LAVIE「HZ750/GAG」外観
  • LAVIE Hybrid ZERO 13.3型各モデルの特長
  • LAVIE Hybrid ZERO 11.6型各モデルの特長
  • LAVIE Hybrid ZERO 13.3型各モデルの仕様(抜粋)
  • LAVIE Hybrid ZERO 11.6型各モデルの仕様(抜粋)
 NECパーソナルコンピュータ(NECPC)は2月7日、モバイルノートPC「LAVIE Hybrid ZERO」ファミリーの刷新を発表した。新ラインアップは3月2日より販売開始。コンパクトデザインや多様なモデルを用意することで、今春に新生活を始める利用者をターゲットにしている。

 ノートPCとタブレットの2つのモードで利用できる「2-in-1」タイプの人気を受け、新商品ラインアップより、13.3型、11.6型すべての商品が2-in-1タイプとなる。13.3型は「HZ750/GAシリーズ」「HZ550/GAシリーズ」「HZ350/GAシリーズ」の3つ、11.6型は「HZ330/GAシリーズ」「HZ300/GAシリーズ」の2つでの提供となる。

 13.3型のHZ750/GAシリーズ、HZ550/GAシリーズ、HZ350/GAシリーズは、360度回転ディスプレイによりタブレットモードに切り替え可能なタイプ。11.6型のHZ330/GAシリーズ、HZ300/GAシリーズは、着脱式キーボードによりタブレットにもなるタイプ。通信機能については、HZ330/GAシリーズの「HZ330/GAS」のみLTE/3GのSIMスロットに対応する。ほかシリーズはすべて非対応。

 新設計の13.3型は、従来モデルのHZ550/FAシリーズ(タッチパネルなしクラムシェルタイプ)約779gと比較すると、HZ350/GAシリーズでは約769gと、世界最軽量を実現したとのこと。同時に、狭額縁デザインを採用し、A4用紙サイズに相当する。本体色は、新色のプレシャスゴールド(G)とメテオグレー(B)のほか、ムーンシルバー(S)の3色。

 また11.6型では、HZ300/GAシリーズにおいて、モバイルパワーキーボード装着時で本体質量約786g、タブレット時で本体質量約398gと、11.6型デタッチャブルPCとして世界最軽量を実現している。本体色はストームブラック、ムーンシルバーの2つ。

◆LAVIE Hybrid ZERO
13.3型
「HZ750/GAシリーズ」第7世代 インテルCore i7-7500Uプロセッサー、256GB SSD搭載
「HZ550/GAシリーズ」第7世代 インテルCore i5-7200Uプロセッサー、256GB SSD搭載
「HZ350/GAシリーズ」第7世代 インテルCore i3-7100Uプロセッサー、128GB SSD搭載
11.6型
「HZ330/GAシリーズ」「HZ300/GAシリーズ」いずれも第6世代 インテルCore m3-6Y30プロセッサー、約128GB内蔵フラッシュメモリ搭載
《冨岡晶》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)