【高校受験2017】大分県公立高入試の志願状況・倍率(確定)大分上野丘(普通)1.23倍、中津南(普通)1.02倍ほか

教育・受験 中学生

大分県教育委員会 高校教育課「入試・試験情報」
  • 大分県教育委員会 高校教育課「入試・試験情報」
  • 全日制(1/4) 平成29年度大分県立高等学校第一次入学者選抜最終志願状況について(2017年2月23日発表)
  • 全日制(2/4) 平成29年度大分県立高等学校第一次入学者選抜最終志願状況について(2017年2月23日発表)
  • 全日制(3/4) 平成29年度大分県立高等学校第一次入学者選抜最終志願状況について(2017年2月23日発表)
  • 全日制(4/4) 平成29年度大分県立高等学校第一次入学者選抜最終志願状況について(2017年2月23日発表)
  • 定時制(1/1) 平成29年度大分県立高等学校第一次入学者選抜最終志願状況について(2017年2月23日発表)
 大分県教育委員会は平成29年2月23日、平成29年度(2017年度)大分県立高等学校第一次入学者選抜について、最終志願状況を発表した。全日制課程合計の入学定員7,600人、一次入試の募集人員6,408人に対し、最終志願者数は当初志願者数より1人減少し、7,254人に確定した。

 平成29年度大分県公立高等学校第一次入学者選抜は、2月13日から17日まで出願を受け付けた。2月17日には出願当初の志願状況と倍率を公表し、2月20日から23日まで志願変更を受け付けた。

 おもな高校の確定志願倍率は、大分上野丘(普通)が募集人員301人に対し、当初志願者数371人で1.23倍だったところ、最終志願者数は360人となった。最終倍率は1.20倍。大分舞鶴(普通、理数くくり募集)は募集人員277人に対し、当初志願者数376人で1.36倍だったところ、最終志願者数は362人となり最終志願倍率は1.31倍。

 そのほか、中津南(普通)は募集人員180人に対し184人が志願し、最終志願倍率は1.02倍。大分西(総合)は募集人員180人に対し268人が志願し、最終志願倍率は1.49倍。大分豊府(普通)は募集人員147人に対し218人が志願し、最終志願倍率は1.48倍となっている。

 今後のおもな日程は、学力検査日が3月7日(火)・8日(水)、合格者発表日が3月10日(金)。第二次入学者選抜の実施校等も3月10日に発表される。第二次入学者選抜の出願期間が3月13日(月)~15日(水)、第二次入学者選抜の検査日が3月16日(木)、第二次入学者選抜の合格者発表日が3月17日(金)。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)