【春休み2017】ワークショップも楽しめる「アークヒルズさくらまつり」3/31-4/2

趣味・娯楽 小学生

芝生でお花見エリア
  • 芝生でお花見エリア
  • さくらの花も要を入れた手すき和紙体験
  • 伝統工芸の技で作るつまみ細工体験(ヘアゴム)
  • 伝統工芸の技で作るつまみ細工体験(フォトフレーム)
  • 伝統工芸の技で作るつまみ細工体験(桜のかんざし)
  • 春を感じるサシェづくり by honeycandle
  • ものづくりワークショップ in ヒルズマルシェ
  • それいけ!オルガン探検隊
 森ビルが運営するアークヒルズは3月31日~4月2日、「アークヒルズさくらまつり2017」を開催する。全長約1キロにおよぶ桜並木のほか、グルメ屋台や音楽パフォーマンスなども楽しめる。また、子どもから大人まで楽しめるワークショップも行われる。

 春はアークヒルズ周辺一帯を桜が美しく染め上げ、1年のうちで訪れる人がもっとも多い季節だという。毎年恒例の「アークヒルズさくらまつり」では、桜の開花に合わせてさまざまなイベントを実施する。

 アーク・カラヤン広場では、子どもから大人まで楽しめるワークショップを多数開催。桜模様の色紙を漉き込んだ和紙作りや、伝統工芸つまみ細工、花や草木を使って作るオリジナルサシェ作りなどが体験できる。ヒルズマルシェ出店者によるワークショップコーナーでは、「盆栽植え込みワークショップ」「ガラスの鳥箸置き・小鉢を作ろう」「銅板を叩いて匙を作る体験」「カラフルなタイルで装飾して10種の木のオリジナル木琴を作ろう」などが行われる。

 改修中のサントリーホールは「それいけ!オルガン探検隊」ブースを出展。オルガンに関する模型や本物の部品に触れながら、オルガンの世界を探検できる。また、ホテルオークラ東京ではスイーツ作りが体験できる「桜スイーツ作り in Okura」を開催。事前予約制となっており、対象年齢は10歳以上。

 期間中、普段は公開されていないサントリーホール屋上の「ルーフガーデン」を特別に一般公開。春の草花や美しい新緑を楽しめる。また、桜の開花状況により変動する可能性があるが、3月下旬~4月中旬ごろの午後5時~午後10時には、桜のライトアップも実施予定。このほか、アーティストによる音楽パフォーマンスやレストランのシェフによる屋台グルメなど、お花見と一緒にさまざまなイベントを家族で楽しめる。

◆アークヒルズさくらまつり2017
開催期間:2017年3月31日(金)~4月2日(日)
※桜のライトアップは3月下旬~4月中旬の17:00~22:00(桜の開花状況により変動)

【桜の花も要を入れた手すき和紙体験】
日程:2017年4月1日(土)・2日(日)11:00~17:00 ※随時受付
場所:アーク・カラヤン広場
参加費:1,100円(送料・税込)
定員:先着50名(材料がなくなり次第終了)
対象年齢:小学生以上(小学2年生以下は保護者の同伴が必要)

【伝統工芸の技で作るつまみ細工体験】
日程:2017年4月1日(土)・2日(日)11:00~17:00 ※随時受付
場所:アーク・カラヤン広場
参加費:マグネット&ヘアゴム1,300円、フォトフレーム2,000円、桜のかんざし4,000円(いずれも税込)
定員:先着50名(材料がなくなり次第終了)
対象年齢:小学生以上(小学2年生以下は保護者の同伴が必要)

【春を感じるサシェ作り by honeycandle】
日程:2017年4月1日(土)・2日(日)11:00~17:00 ※随時受付
場所:アーク・カラヤン広場
参加費:1,000円(税込)
定員:随時受付

【ものづくりワークショップ in ヒルズマルシェ】
日程:2017年4月1日(土)・2日(日)10:00~17:00
場所:アーク・カラヤン広場
内容:「盆栽植え込みワークショップ」「ガラスの鳥箸置き・小鉢を作ろう」「銅板を叩いて匙を作る体験」「カラフルなタイルで装飾して10種の木のオリジナル木琴を作ろう」「和紙玉で作るアクセサリー作り」「植物染めリネン糸で小物作り」「流木アートワークショップ」
※詳細はWebサイトで確認できる
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)