残業最多は「教育・保育関連職」月平均32時間

教育・受験 先生

 公務員と会社員1万145人を対象に行った残業調査によると、1か月あたりの平均残業時間がもっとも多い職種は「教育・保育関連職」で、32.0時間にのぼることが明らかになった。業種別では「教育、学習支援業」がもっとも残業が多かった。

 残業調査は、エンジニアのためのキャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」が全国の20~59歳の公務員と会社員1万145人を対象に実施した。調査期間は1月12日~19日。

 平均的な1か月の残業時間を業種別にみると、1か月に11時間以上残業をしている比率が高いのは「教育、学習支援業」で58.9%にのぼる。1か月あたりの平均残業時間は、「教育、学習支援業」が29.5時間ともっとも多く、「漁業」26.8時間、「複合サービス事業」23.8時間、「運輸業、郵便業」23.3時間、「農業、林業」21.1時間、「情報通信業」19.8時間が続いた。一方、平均残業時間が少ない業種は、「医療、福祉」12.6時間、「鉱業、採石業、砂利採取業」13時間、「公務(ほかに分類されるものを除く)」15.3時間など。

 1か月あたりの平均残業時間を職種別にみると、「教育・保育関連職」が32.0時間ともっとも多く、「農林水産関連職」29.7時間、「経営者・会社役員」28.7時間、「建築・土木系エンジニア」28.6時間、「製造系エンジニア(制御・ソフトウェア系)」27.3時間、「クリエイティブ職(広告・出版関連)」26.5時間が続いた。一方、平均残業時間が少ない職種は、「事務職」11.4時間、「医療・福祉・介護関連職」12.2時間、「総務・人事・経理職」16.1時間などであった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)