新小学1年生の就きたい職業、女の子Top3に10年ぶりの職業復活

教育・受験 小学生

2017年版 新小学1年生の「将来就きたい職業」男の子編(経年変化と1-20位)
  • 2017年版 新小学1年生の「将来就きたい職業」男の子編(経年変化と1-20位)
  • 2017年版 新小学1年生の「将来就きたい職業」女の子編(経年変化と1-20位)
  • 2017年版 新小学1年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」 男の子編 スポーツ選手の内訳
  • 2017年版 新小学1年生 親の「就かせたい職業」 男の子の親編
  • 2017年版 新小学1年生 親の「就かせたい職業」 女の子の親編
 人工皮革「クラリーノ」を製造・販売する化学メーカーのクラレは4月5日、今春小学校に入学する子どもと保護者を対象に行なった調査「2017年版 新小学1年生の『就きたい職業』、親の『就かせたい職業』」を発表した。女児調査では10年ぶりに「看護師」がベスト3入りし、男児1位は19年連続で「スポーツ選手」が選ばれた。

 調査は、クラリーノ製ランドセル購入者のうち、2017年4月に小学校に入学する子ども4,000人と保護者4,000人から有効回答を得てまとめたもの。子ども調査は1999年から通算19回目、保護者調査は1992年から2017年まで通算26回目。

 男児に将来就きたい職業を聞くと、「スポーツ選手」が21.9%の回答を占め、調査開始以来19年連続の首位となった。2位は「警察官」14.5%、3位は「運転士・運転手」9.0%。スポーツ選手の内訳は、サッカーが57.7%。野球は2009年調査をピークに人気が下降傾向にあり、今回の調査では過去最低の17.8%だった。そのほか、少数ながらテニス7名、ラグビー2名、オリンピック選手9名との回答も「スポーツ選手」に含まれている。

 女児1位は「ケーキ屋・パン屋」に決定。内訳はケーキ屋とパティシエが85.3%を占めた。男児の「スポーツ選手」同様、「ケーキ屋・パン屋」の首位は19年連続。2位は「芸能人・歌手・モデル」12.9%。3位には10年ぶりに6.2%の回答を占めた「看護師」がランクインした。

 クラレ広報事務局によると、看護師はこれまでの調査でもトップ20に入っており、もともとの認知度も高い職業。2017年版では女児の親の子どもに就かせたい職業1位に位置し、トップ3入りは親からの影響もあるのではないかと分析。また、女児の就きたい仕事はこのほか教員、医師、保育士、美容師など身近な職業が並んでおり、幼少期は特に病院にかかることも多いため、看護師に憧れる女児が多い可能性を指摘している。

 なお、男児の親の子どもに就かせたい職業はそれぞれ、1位「公務員」、2位「スポーツ選手」、3位「医師」だった。

◆2017年版 新小学1年生の就きたい職業ランキング トップ10
<男の子>
1位 スポーツ選手
2位 警察官
3位 運転士・運転手
4位 消防・レスキュー隊
5位 TV・アニメキャラクター
6位 研究者
7位 ケーキ屋・パン屋
8位 医師
9位 大工・職人
10位 パイロット

<女の子>
1位 ケーキ屋・パン屋
2位 芸能人・歌手・モデル
3位 看護師
4位 花屋
5位 教員
6位 医師
7位 保育士
8位 警察官
9位 アイスクリーム屋
10位 TV・アニメキャラクター
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)