【夏休み2017】JAXAエアロスペーススクール、全国4か所で参加高校生募集

教育・受験 高校生

JAXA宇宙教育センター
  • JAXA宇宙教育センター
  • エアロスペーススクール2017開催地
  • JAXA大樹スペーススクール2016のようす
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、高校生を対象とした宿泊プログラム「エアロスペーススクール」を全国のJAXA事業所で開催する。会場は、大樹(北海道)、角田(宮城県)、筑波(茨城県)、調布(東京都)の4か所。4月29日から6月11日まで参加者を募集する。

 エアロスペーススクールは、高校生がチームで協力して「宇宙航空ミッション」に取り組む宿泊プログラム。JAXA事業所を舞台に、最前線で活躍するJAXA職員や、世界に誇る宇宙機や研究設備、心動す体験に触れる機会を提供することで、宇宙や地球環境に対する意識を高め、「好奇心・冒険心・匠の心」を礎に、より良い未来を築いていく人材の育成を目的としている。

 会場となる4つのJAXA事業所では、それぞれ専門のミッションに取り組んでいる。エアロスペーススクールでは、各事業所が取り組むミッションをもとに、それぞれ異なるプログラムを組んでおり、会場ごとに参加者を募集する。

 大樹航空宇宙実験場では、「宇宙科学実験の最前線」を体験するプログラムを組んでいる。調布航空宇宙センターでは「次世代の航空機に必要な技術」を学ぶプログラムを、角田宇宙センターでは「ロケットエンジンの基礎」を学ぶプログラムを実施。日本の宇宙航空研究開発の中枢を担う筑波宇宙センターでは、「宇宙開発の最前線」を体験するプログラムを行う。

 スケジュールは、大樹・筑波エアロスペーススクールが3泊4日、調布・角田エアロスペーススクールが2泊3日。それぞれテーマに基づき、施設見学や講義、グループワーク、ディベート、発表会などを行う。

 応募期間は4月29日から6月11日午後10時まで。応募資格者は、全日程に参加できる者。参加は各エアロスペーススクールのWebサイト応募フォームから申し込むこと。応募多数の場合は、応募の際に提出する応募動機400字による書類選考を実施する。なお、複数の会場へ応募することは可能だが、複数のプログラムへの参加はできない。

◆JAXA エアロスペーススクール2017
対象:応募締切日時点で、日本国内の高等学校、中等教育学校後期課程(4~6学年)または高等専門学校(1~3学年)に在籍する生徒および学生
応募方法:各スペーススクールのWebサイト応募フォームより申し込む
※応募多数の場合、応募動機400字による書類選考を行う

【大樹エアロスペーススクール】
会場:JAXA大樹航空宇宙実験場、大樹町宇宙交流センターSORA ほか
日程:2017年7月25日(火)~28日(金)3泊4日
定員:20名
参加費:18,000円程度(宿泊費、食費、活動中の交通費、教材などの実費のみ)

【調布エアロスペーススクール】
会場:JAXA調布航空宇宙センター
日程:2017年7月26日(水)~7月28日(金)2泊3日
定員:20名
参加費:26,000円程度(宿泊費、食費、活動中の交通費、教材などの実費のみ)

【角田スペーススクール】
会場:JAXA角田宇宙センター
日程:2017年8月1日(火)~8月3日(木)2泊3日
定員:12名
参加費:23,000円程度(宿泊費、食費、活動中の交通費、教材などの実費のみ)

【筑波スペーススクール】
会場:JAXA筑波宇宙センター
日程:2017年8月7日(月)~8月10日(木)3泊4日
定員:24名
参加費:30,000円程度(宿泊費、食費、活動中の交通費、教材などの実費のみ)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)