【GW2017】0歳から参加可能、日本最大級のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」5/4-6

趣味・娯楽 その他

子どもも楽しめるクラシックコンサート (C)Team Miura
  • 子どもも楽しめるクラシックコンサート (C)Team Miura
  • ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(イメージ) (C)Team Miura
  • 子ども向け体験型イベントも開催 (C)Team Miura
  • ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017 テーマは「ラ・ダンス 舞曲の祭典」
 東京国際フォーラムと周辺エリアで5月4日~6日の3日間、日本最大級のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017」(LFJ2017)が開催される。0歳からのコンサートや音楽ワークショップなど子ども向けプログラムも多数行われる。

 ラ・フォル・ジュルネは、1995年にフランス西部の港町ナントで誕生したクラシック音楽祭。その後世界各国へ広がりを見せ、東京では2005年の東京国際フォーラムで初開催以来、延べ726万人が参加しているクラシックの祭典だ。2017年は「ラ・ダンス 舞曲の祭典」をテーマに、朝から晩まで3日間で約350公演を予定。来場者は約43万人を見込んでいる。

 世界中から約2,000人のアーティストが参加し、宮廷舞踊や民俗舞踊を取り入れた傑作から、20世紀以降のジャズやラテン、タンゴやフラメンコ、和太鼓まで躍動感あふれる多彩なプログラムを生演奏で披露する。約350公演のうち、有料公演は122公演。1公演1,500円からの低料金で、チケットが1枚あれば無料コンサートやイベントも楽しめるのが魅力。

 また、LFJでは、幼いころから本物の音楽に触れてほしいとの思いから、子ども向けのプログラムを多数用意している。0歳から入場できる「0歳からのコンサート」は、3日間午前10時から開演。保護者1人につき2歳以下の子ども1人まで膝上で無料鑑賞できる。毎日午後6時半より前に開演する公演は、すべて3歳以上の入場可能となっており、さらに3歳から小学生までは「こども割引」として、ホールAの全公演は500円引き、ホールA以外の全公演は300円引きとなる。

 有料公演のほかにも子どもが音楽と触れ合える場として、音楽を五感で楽しむ子ども向けワークショップ「こどもたちの音楽アトリエ」を各日1プログラムずつ開催。5/4は世界の踊りと音楽を体験する「奏でよう!世界の舞曲のリズム」、5/5は「踊ろう!かんたんアイリッシュ・ダンス」、5/6は「体験しよう!日本のおどり 日本舞踊」が行われる。いずれも体を使って音楽を体感できる内容で、有料公演のチケットもしくは半券があれば参加できる。

 東京国際フォーラムでのプログラムのほか、周辺エリアでの無料コンサートやショップ、屋台など、誰でも気軽に楽しめるイベントも満載。チケットは、東京国際フォーラムの窓口、LFJチケット販売サイトで販売しているほか、チケットぴあやイープラスなど指定プレイガイドでも購入できる。なお、公演によってはすでに予定枚数に達したため、販売終了となっているプログラムもある。

◆ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017
開催日:2017年5月4日(木・祝)、5日(金・祝)、6日(土)
会場:東京国際フォーラム、大手町・丸の内・有楽町エリア
チケット販売:東京国際フォーラム窓口、LFJチケット販売サイト、チケットぴあ、ほか指定プレイガイド
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)