東京都「中学生の主張」7/20まで作文募集

教育・受験 中学生

東京都
  • 東京都
  • 2016年度のようす
 東京都と「こころの東京革命協会」は、中学生の主張東京都大会の作文を募集している。応募期限は7月20日必着。「第39回少年の主張全国大会」の東京都代表選考会を兼ねており、知事賞受賞者は全国大会に推薦される。

 中学生の主張東京都大会は、中学生の自主性や自立心、物事を論理的に考える力を育て、「おもてなしのこころ」や「思いやりのこころ」を伝えるとともに、中学生に対する大人の理解を深め、広く青少年の健全な育成への理解を深めることを目的としている。

 「家族や地域とのふれあいを通して感じたことやうれしかったこと」「部活動やボランティア活動などの体験を通して成長したことや学んだこと」「学校生活および日常生活において努力したことや感動したこと」などのテーマを参考に、心からの思いや考えたこと、感動したことなどを400字詰め原稿用紙4枚程度に自由な表現でまとめる。

 また、「第39回少年の主張全国大会」の東京都代表選考会を兼ねており、9月3日に都庁で選考会が行われる。選考会では事前審査により決定した10名の中学生が作品発表を行い、知事賞1名、東京都教育委員会賞2名、会長賞7名を決定する。知事賞受賞者は、「第39回少年の主張全国大会」に推薦される。

 応募期限は7月20日必着。選考会に向けた募集は7月20日で締め切るが、より多くの中学生に取り組んでもらうため、9月12日到着分まで募集を受け付け、優秀作品については「会長特別賞」が贈呈される。

◆中学生の主張東京都大会
応募資格:東京都在住の中学生およびそれに相応する学籍または年齢にあるもの
応募方法:以下のテーマを参考に、心からの思いや考えたこと、感動したことなどを400字詰め原稿用紙4枚程度に自由な表現でまとめる
【テーマ】
・家族や地域とのふれあいを通して感じたことやうれしかったこと
・部活動やボランティア活動などの体験を通して成長したことや学んだこと
・学校生活および日常生活において努力したことや感動したこと
・社会や世界に向けての意見、未来への希望 など
※作品は未発表、自作のもので1人1点に限る
応募方法:郵送または持参
応募期限:平成29年7月20日(木)必着
※選考会に向けた募集は平成29年7月20日(木)で締め切るが、より多くの中学生に取り組んでもらうため、平成29年9月12日(火)到着分まで募集する
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)