JASSO、奨学金返還試算システムに「所得連動返還方式」を追加

教育・受験 大学生

 日本学生支援機構(JASSO)は、奨学金の貸与額や返還額などを試算できる情報システム「奨学金貸与・返還シミュレーション」に、4月1日から「所得連動返還シミュレーション」機能を追加した。借りる金額と収入を入力し、返還計算を試算できる。

 「奨学金貸与・返還シミュレーション」は、さまざまな奨学金の貸与金額や返還額などを試算できる。たとえば、大学進学で月額5万円(利息付き)を借りる場合、まずは奨学金の種類を無利息か利子付きかを選択し、学部や4年制など、大学の学種を選ぶ。次に、貸与月額、機関保証制度の利用有無などの情報を入力すると、貸与総額や月々の返還額がシミュレーションできる。シュミレーションには、上限利率3%で試算する簡易版と、利率を入力する詳細版がある。

 今までは定額返還の試算だったが、今回追加された「所得連動返還シミュレーション」では、収入に応じた月額で返還する試算ができるようになった。これは第一種奨学金(無利息)が、平成29年度採用者から収入に応じた月額で返還する方式を選択できるようになったため。借りる金額と収入を入力すると、収入に応じた返還計算ができる。

 詳しい利用方法や「奨学金貸与・返還シミュレーション」特設サイトは、日本学生支援機構のWebサイトで確認できる。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)