旭山動物園と富良野自然塾が連携、キャンプなど環境教育プログラム実施

教育イベント 小学生

富良野自然塾×旭山動物園
  • 富良野自然塾×旭山動物園
  • バスツアー「46億年 地球の命」
 旭川市(実施主体:旭山動物園)と作家・倉本聰氏が塾長を務めるNPO法人C・C・C富良野自然塾は、3月30日に環境教育等の連携と協力に関する覚書を締結。4月8日に共同記者会見を実施した。環境教育の共同事業として、宿泊・キャンプなどの環境教育プログラムを実施するという。

 富良野自然塾は、作家・倉本聰氏の監修のもと、環境問題や人と自然との共生を伝える環境教育を2005年より行っている団体。これまで個別に「点」で行っていた環境教育を今後連携により「線」として行うことで、教育効果の向上や旅行内容の充実、旅行者の確保を図り、道北圏の観光・教育事業を活性化させることを目的として、今回旭川市と連携を締結した。

 連携のおもな内容は、「環境教育の普及啓発事業に関する事業」と「人材活用の相互職員研修に関する事業」の2つ。2017年度は、6月・7月・8月に各1回ずつ環境教育プログラムを実施するという。

 6月と8月には「46億年 地球の命」と題した、札幌駅発着の1泊2日バスツアーを催行。富良野自然塾での環境プログラムと旭山動物園での学習見学を行うツアーで、小学4年生以上の親子40名を募集する。

 7月には、命のつながりを学びながらテントに宿泊する1泊2日のキャンプイベントを予定している。また、今後に向けて修学旅行や個人旅行でのプログラムを検討しているという。決定した情報は随時Webサイトにて情報公開する予定。

◆バスツアー「46億年 地球の命」
日程:2017年6月10日(土)~11日(日)、2017年8月19日(土)~20日(日)
場所:富良野自然塾、旭山動物園
集合・解散:札幌駅北口
対象:小学4年生以上の親子
定員:40名(最少催行人数30名)
料金:親子ペア1組24,800円、子ども1名追加9,800円、大人1名追加13,800円
申込方法:Webサイトから申し込む
申込締切:各出発日の7日前まで(定員に達し次第締切)

※7月のキャンプイベントは、詳細が決定次第Webサイトに掲載予定
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)