熱中症予防に役立つ「熱中症ゼロへ2017シンポジウム」4/25

生活・健康 その他

熱中症ゼロへ プロジェクト
  • 熱中症ゼロへ プロジェクト
  • シンポジウム概要
 「熱中症ゼロへ」プロジェクトは4月25日、「熱中症ゼロへ2017シンポジウム」を開催する。気象予報士や医師による解説のほか、スポーツトレーナーによるディスカッションや大学と共同開発した「熱中症予防に役立つ新しいコンテンツ」を初公開する。

 開催予定の講演は3つ。日本気象協会気象予報士の石榑亜紀子氏による「天候の変化と今年の暑さと傾向について」と、帝京大学医学部教授で帝京大学病院高度救命救急センター長の三宅康史氏による「熱中症のメカニズムや対策、近年の傾向と症例」、名古屋工業大学大学院教授の平田晃正氏による「新しい熱中症予防コンテンツの発表とその解説」。

 パネルディスカッションは「『スポーツと都市の熱中症について』~スポーツを“する人“、”観る人”、“運営に携わる人”~」をテーマに実施。パネリストには、NSCAジャパンの澤野博氏、帝京大学医学部教授で帝京大学病院高度救命救急センター長の三宅康史氏を迎える。

 「熱中症ゼロへ」は、熱中症患者を減らし、死亡者をゼロにすることを目指して日本気象協会が推進するプロジェクト。2017年度もシンポジウムを皮切りに熱中症予防啓発活動に取り組んでいくという。

 なお、シンポジウムの一般参加は受け付けていない。プロジェクトに関する詳細は、Webサイト「熱中症ゼロへ」で閲覧できる。「熱中症について学ぶ」「気象コンテンツ」など、熱中症に関する情報がまとめられている。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)