楽天、英語教育事業に本格参入…新しい学習スタイル提案

教育業界ニュース 英語・語学

Rakuten Super English
  • Rakuten Super English
  • 楽天
 楽天は4月21日、テクノロジーを活用した総合英語学習サービス「Rakuten Super English(楽天スーパーイングリッシュ)」を開始し、英語教育事業に本格参入すると発表した。英語学習の新たなスタイルの提案、教育機関や企業向けコンサルティングにも取り組んでいく。

 国際的な共通言語として英語の重要性が高まる中、楽天では事業のグローバル展開拡大に向けて2010年から社内公用語の英語化に着手。従業員(楽天単体)のTOEICテストスコアの平均点は、830点を超えるという。

 英語教育事業には、これらの取組みによって培った経験やノウハウを活用。テクノロジーを生かした実用的な英語学習や新しい学習スタイルを提案する総合英語学習サービス「Rakuten Super English」を開始する。

 第1弾として、エストニアに本社を構えるLingvist(リングビスト)社と協業。外国語学習ソフト「Lingvist」により、日本ユーザー向けに日常英会話やビジネス英語に対応した英単語を学ぶソフトを提供していく。また、楽天グループのReDucate(リデュケート)が提供する英語学習アプリ「まなみ~」では、小学生から高校生までの授業で学ぶ英単語をゲーム感覚で楽しく習得することができる。

 楽天では、「Rakuten Super English」を通じ、テクノロジーを活用して英語力強化を支援するツールやサービスを提供し、新しい学習スタイルやコンテンツを提案。教育機関や企業・団体などに向けても英語活用方法や英語力向上に関するコンサルティングなども行っていく。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)