横浜DeNA選手寮「青星寮カレー」を給食で、市内学校へ20万人分提供

教育・受験 小学生

選手寮で提供される「青星寮カレー」を横浜市内の小学校給食として提供開始
  • 選手寮で提供される「青星寮カレー」を横浜市内の小学校給食として提供開始
 横浜DeNAベイスターズは4月24日、若手選手寮「青星寮(せいせいりょう)」で選手が実際に食べている「青星寮カレー」を学校給食用にアレンジし、横浜市内の小学校給食として約20万人分を提供することを発表した。食を通し、健康づくりを呼びかける。

 「青星寮カレー」は、若手選手が生活する青星寮で長年提供されてきた名物料理。2016年シーズンからは横浜スタジアムでも販売を開始し、選手と同じ味を楽しめる点がファンから好評を得てきたという。

 横浜市の小学校給食として提供される「青星寮カレー」は、青星寮カレーのレシピを給食用にアレンジしたもの。5月15日・16日・22日・25日の4日間、横浜市内の私立小学校および義務教育学校前期課程、全341校に提供される。

 横浜DeNAベイスターズは、学校給食用にアレンジした「ベイスターズ青星寮カレー」を通じて、横浜DeNAベイスターズをより身近に感じてもらい、「ベイスターズ選手のような強い身体をつくるための食の大切さ」を伝えていきたいとしている。

 なお、学校給食提供の取組みは、横浜市と締結したスポーツ振興や地域経済活性化などに向けた包括連携協定「I☆YOKOHAMA 協定」の一環として実施される。

◆青星寮カレー 提供日・実施エリア
5月15日(月):鶴見区、神奈川区、港北区、青葉区、都筑区などの全部または一部全78校
5月16日(火):西区、中区、南区、保土ケ谷区、旭区、戸塚区、泉区、瀬谷区などの全部または一部全88校
5月22日(月):保土ケ谷区、旭区、緑区、青葉区、都筑区などの全部または一部全79校
5月25日(木):中区、南区、港南区、磯子区、金沢区、戸塚区、栄区などの全部または一部全96校
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)