朝日新聞社、第36回「海とさかな」自由研究・作品コンクール作品募集

教育イベント 小学生

応募のきまり
  • 応募のきまり
  • 海とさかなポスター
  • 海とさかなコンクール
 朝日新聞社は、「海とさかな」自由研究・作品コンクールの作品を募集する。小学生であれば、個人、学校、学級、絵画教室、地域のクラブ、また海外在住でも参加できる。9月22日までにWebサイトから応募申請登録のうえ、9月29日必着で応募する。

 普段の暮らしともつながりの深い海や魚、「海とさかなとわたしたち」がテーマとなるコンクール。海や魚の美しさに目を向け、新しい発見や創造したものを表現して、さまざまな部門分類の作品にする。

 作品の形式は、研究部門で自由研究・観察図、創作部門で絵画・絵本・作文・工作の2部門6分類から選択する。1作品1名の応募が原則。

 自由研究は、スケッチブックなどの市販のものや、画用紙などで作成したオリジナルブックに、文章、絵、写真などをまとめる。共同研究が必要な自由研究についてのみ、代表者1名のほかに、共同研究者1名の参加が可能となる。

 観察図の対象は小学校1年生~3年生まで。A3サイズか四つ切りなどの画用紙に、テーマ、動機、観察図でわかったこと、感想などをまとめる。

 応募作品の内容が決まり次第、Webサイトから作品の部門別に応募申請登録(エントリー)を行い、応募登録番号が記載された応募カードを取得する。5月29日~9月22日までが申請期間となる。申請後、作品は9月29日必着で郵送する。

 応募された作品の中から、各部門で最優秀賞、農林水産大臣賞 、文部科学大臣賞、海洋研究開発機構理事長賞、水産研究・教育機構理事長賞、日本水産学会会長賞 、朝日新聞社賞、朝日学生新聞社賞、日本水産株式会社賞が1点ずつ選ばれる。審査委員長は、多摩動物公園の坂本和弘副園長。

 入選作品の発表は、11月中旬に朝日新聞、朝日小学生新聞、Webサイトにて掲載。各部門最優秀賞受賞者の表彰式は12月2日に、ロイヤルパークホテルで開催予定となっている。さらに、表彰式当日と翌日には「東京ディズニーリゾート」(ホテル1泊)への招待も付いている。

◆第36回「海とさかな」自由研究・作品コンクール
応募申請登録期間:2017年5月29日(月)~2017年9月22日(金)
応募作品提出受付期間:2017年9月1日(月)~2017年9月29日(金)必着
対象:小学生(海外在住も含む)
《神山千寿子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)